勃起不全にアルコールは大敵

勃起不全にアルコールは大敵

勃起不全になる原因は乱れた生活習慣に大きく関係しますが。アルコールはその中でも大きな原因となります。社会人にもなると、仕事後の付き合いや、接待等が多くなり、アルコールを飲む機会が増えてきます。

栄養ドリンク

性交時には多少のアルコールならば緊張を和らげ、心理的な開放感が得られるため性欲も上がるのですが、過度の飲酒は勃起を妨げてしまうだけなのです。というのは、体内に摂取したアルコールは肝臓で分解されるわけですが、それにはアルコール分解酵素と呼ばれる酵素の働きが必要になってきます。そしてこの酵素を働かせるためには、精力増強に必要とされているビタミンB1、B2、ビタミンC、亜鉛等なのです。それがアルコールの分解に多く回されてしまうために、精力が減退してしまうわけです。

 

要はアルコールをたしなむのは悪いことではありませんが、それも度をすぎれば毒ということですね。若い時には身体機能が活性化されていますから問題はありませんが、加齢とともに身体機能は落ちていきます。ですから年を追うごとにお酒を飲むとあっちがダメだという声を聞くようになるんですね。それではどうすればいいか?答えは簡単です。アルコールの量を減らせばいいのです。しかし、そうと言っても素直に受け入れないのが世の常です。それでは、そんな人の為にどうしたらいい方法をお教えします。それはアルコールを摂取するときに身体機能を活性化させ、精力減退にならないように先ほどの栄養価の消費を抑えるのです。そこでそれにぴったりの食材をお教えします。

 

それは牡蠣です。牡蠣には精力増強によく多くのアミノ酸やビタミンBなどの多くのビタミンや亜鉛等の多くのミネラルを含みます。精力増強にはぴったりの食べ物ですよね。まあ、お酒を飲むたびに大量の牡蠣を食べるわけにはいけませんから、牡蠣エキスを抽出したサプリメントで代用するのもいいかもしれません。
しかし、覚えておいて欲しいのは、アルコールを減らすことが一番いいという事です。何といっても過度のアルコール摂取は体にいいわけありませんからね。