精力減退は改善できる

精力減退は改善できる

年を追うごとに精力が減退してしまうのは仕様がないと思い込んでいる人は危険です。確かに老化で精力は減少してしましますが、勃起不全は改善することができるのです。

また、精力も使わなければ昨日が衰え精力減退を促進することになります。精力が弱ったからといってそのままにしておいては勃起不全や勃起機能停止に追い込まれてしまうことになりかねません。
そもそも射精という機能は睾丸で作られて精のうという器官に貯められた後、精のうが収縮して精子を押し出し男性器を通して放出されることをいいます。仮に放出されたままで溜め込んだままでいると、溜め込まれた精子は精のうで壊されたり、体内の活動源として再利用されることになりますが、そもそも精子は体内の活動源の為に作られたものではありませんから、射精回数が減ると、体内で精子は必要ないという判断がされ、徐々に精のうの機能が停止してしまうことになります。それだけではなく男性器を通して精子が射精されなくなると収縮力も弱り、しぼんだ状態になってしまします。これも精のうの機能を低下させる原因となります。
つまりは、射精をしないと精のうの機能は低下してしまうのです。この期間は個人差があってどれくらい?というのは個人差がありますが、期間を開けずに定期的な性生活を行うことが一番効果的ですね。また、精力減退は器官の減退だけが原因ではありませんよね。勃起不全ではないけれど、性交渉をする気にならない等の心理的なものも大きく影響してきます。性欲自体が高まらなくては器官の状態がいくら良くても仕方がありません。性欲を司るのは脳下垂体の性中枢によって支配されています。精力減退を避けるためにはこの性中枢を刺激することが有効です。男性は目から見た刺激によっても男性ホルモンの分泌を促進しますし、性中枢へのマッサージも効果的です。性生活のマンネリを防ぐ為にも色々な工夫が必要です。したいけど出来ないも問題ですが、したくないからやらないというのも大きな問題です。メンタル面と器官面両方での改善を行い精力減退を改善を行いましょう。